Go to Top

カリテスのプラセンタエキス

カリテスのプラセンタエキス

カリテスプラセンタエキスの特長

プラセンタエキスの重要な成分はタンパク質

カリテスジャパンでは、馬プラセンタから弊社の独自技術で抽出したプラセンタエキス(原料)を製造しています。私たちは、プラセンタエキスの要は「タンパク含有量」にあると考え、製造したプラセンタエキスのタンパク濃度をタンパク分析装置により随時計測して数値化しております。それにより低濃度から高濃度まで、ご要望に応じたプラセンタエキスの供給が可能となっております。

タンパク分析装置タンパク分析装置

プラセンタエキス無臭化の実現

プラセンタエキスを使用した化粧品や食品の良さは理解されていても、プラセンタ独特の臭いが気になるという方がいらっしゃいます。弊社では創業当初より独自の製造方法によってプラセンタエキスの低臭化を実現してまいりました。しかし、まだまだ満足できるものではありませんでした。
低臭化されたプラセンタエキスでも、化粧品や食品製品などに高濃度に含有させると、その濃度に比例してプラセンタ臭が高くなるという問題が発生していたのです。
この問題を抜本的に解決させるため日々研究した結果、遂に無臭化を実現させたのです。これにより、臭いを気にすることなくプラセンタエキスを使用した製品の幅が格段に増え、今までプラセンタ臭が原因で使用するのを躊躇されていた化粧品、食品などのメーカー様も、ご満足いただける製品となりました。

プラセンタエキスの無臭化について、詳しくはこちら

馬由来プラセンタエキスの特長

食肉用放牧馬のプラセンタ(胎盤)を使用しています。食肉用放牧馬は、広大な自然に恵まれた大地で育てられ、自生している牧草を主食としています。そのため、その馬から採取された胎盤は本来微臭で、自然に満ち溢れた香りがほのかにします。
またプラセンタ(胎盤)そのものが大きく、タンパク量が高いのが特長です。

カリテスプラセンタエキスの種類

1.プラセンタエキスリキッド(液状)

弊社のプラセンタエキスは、タンパク質含有量が100g中、約0.62gから約6.2gある数パターンの製品規格を用意しております。化粧品や食品など製品化するものにより、ご希望のプラセンタエキスをお選びいただけます。

2.プラセンタパウダーベース(粉末)

FD(フリーズドライ)パウダーは、プラセンタエキスを急速凍結し、減圧して真空状態で水分を昇華させて乾燥物(粉末状)にしたものです。プラセンタエキスの約100%パウダー化が可能です。

プラセンタエキスの製造

カリテスジャパンでは1996年の創業以来、18年間にわたりプラセンタエキス抽出技術の研究を積み重ねてまいりました。

プラセンタには様々な成分が含まれていますが、その中でも当社が特に着目したのはタンパク質です。タンパク質は、人が生きて行く上で必要不可欠な栄養素のひとつで、毎日の食事からタンパク質を摂り、体内でアミノ酸に分解され、(再度体に必要なタンパク質に構成され) 新陳代謝を含め健康維持に役立てているという重要な成分です。

プラセンタ(胎盤)に含まれるこのタンパク質を「如何にアミノ酸レベルまで分解し、プラセンタエキスとして抽出するか」、同時に「プラセンタ(胎盤)が持つ特有の臭いの低減化はどうすれば可能となるか」、この2つを大きな研究課題として取り組みました。

製造工程において固定概念を捨て去り、加水分解釜の改良、水質の改良、抽出方法の大幅な変更など長年に及ぶ試行錯誤の結果、遂に当社独自の製造技術が完成し、高濃度プラセンタエキスの抽出とプラセンタ臭の低減に成功しました。

“独自の特殊製法”はこちら